性能向上リフォーム『省エネ編』

 省エネリフォームの基礎知識

省エネ」と聞くと冷暖房の使用を節約するイメージを持っていませんか?
省エネリフォームは、冷暖房機器でつくった冷気や暖気を効率よく使えるように、住宅を改修することです。
そこで一番重要となってくるのが断熱。断熱性能を上げることで、家の中は保温ポットのようになって、冷暖房が効きやすくなります。快適かつCO2の排出量を削減、もちろん光熱費の節約に繋がります。

『省エネリフォーム』ってどんな工事?

基本は住宅が外気に接する面すべてを断熱!!

 Part1 熱の出入りが大きい『窓』を断熱

   ・内窓を追加して窓を二重に。
   ・省エネタイプ(複層ガラス)に取り替え
   ・日射しを遮る日除けなどの設置

 

 Part2 『床・壁・天井・屋根』を断熱

     ・断熱材は厚いほど断熱効果は高い!
     ・古い住宅基準の家では断熱材が入っていない、足りていないことも
     ・隙間を作らず結露しない施工技術が必要

 

SW工法で家を建てている工務店は、気密性・断熱性・耐震性の知識を活かしたリフォームを行うことが出来ます。
新築でも リフォームでも 【 性能向上 ⇒ 環境にも暮らしにも優しい 】 ということ。
新築と同様に所得税の控除や、固定資産税の減額・補助金など受けられる制度もあります。

愛着のある我が家を より長く安心・快適に住み続けられる住まい にしていきましょう。