家の中で寒い冬を快適に過ごすための対策

家の中で寒い冬を快適に過ごすための1番は断熱することですが、費用もかかるので、なかなか手をつけるのにはためらいがちです。

で、自分のいる部屋をガンガン温めるエネルギーの無駄が蔓延しているわけです。

電気屋さんで『こたつはエコ」とうたっていました。

月の電気代は安いようですが、たった半畳ほどのスペースしか暖められないでエコというには大げさです。

一部分だけ暖める発想は、裸にホッカイロを貼っているのと同じだと思います。

お金はとりあえず最低限かける方向で考えてみるとしたら、弱点である場所をなんとかすることです。

家でいうとそれはズバリ窓!なわけですが、ここで間違えてはいけないことがあります。

それは、熱を伝えにくい素材を選ぶこと。

内窓をつけると空気層が生まれます。断熱効果はありますが、費用はそれなりにかかります。

そこでおすすめしたいのはブラインド。しかもハニカム構造のブラインドです。ハニカム構造とは蜂の巣みたいに空気層ができているものです。

過去、北側窓の寒さ対策では1番効果がありました。

価格も比較的お手頃です。まず、弱点である窓から手をつけるのがセオリーと考えて対策をしてみませんか?

記事提供 : 株式会社がってんしょうち