パッシブハウスを建てると健康で快適な暮らしが手に入る

がってんしょうち_パッシブの魅力2_Rゼロエネルギーの言葉もだいぶ浸透してきた感がありますが、ゼロエネルギーにするための手法はどのようになっ ているのかをご存知ですか。

ゼロエネルギー住宅を建てる手法は大きく2つに分かれます。

一つは太陽光発電やエネファームなど、エネルギーを自ら作ることによって、使うエネルギーと作るエネルギーの 収支をゼロにしていくアクティブ手法と言われます。大手ハウスメーカーの家に多いですね。

もう一つは本体の性能を良くしてそもそもエネルギーを使わないようにして、必要最低限の創エネルギーで収支を ゼロにしていくパッシブ手法です。

さて、あなたは、どちらの家を建てたいと思いますか?

次の話は家を選ぶときのヒントになると思います。

①    寒い冬、薄着で外に出ました。コートを持っていないので、カイロ を体中に貼って寒さをしのぎました。ただ貼ったところが暑すぎたりしました。

②    寒い冬、コートに帽子、手袋、マフラーをして外に出ました。歩い ているとポカポカ全身温まりました。

極端な話ですが、①がアクティブ②がパッシブです。

おそらく、ほとんどの方がパッシブを選ばれるはずです。住宅も一緒でシンプルに考えるとパッシブを選ぶほうが 賢明と言えないでしょうか?

パッシブハウスのメリットをいくつか挙げてみます。

1、何 より快適。夏は涼しく冬は暖かい。家中の冷暖房はエアコン一台でOK
2、光 熱費が安い!ガマンしないで無理なくエコできる
3、建 築コストが安い!過剰な高額設備が不要なのでコストパフォーマンスに優れる

一見、一般的な木造住宅と比較すると構造がよい分費用は掛かりますが、生涯的に光熱費やメンテナンスを考える とはるかに低コストとなるのが特徴です。

パッシブ手法において、もっとも重要なことは、自然との共生といえると思います。

特に太陽に対しては、冬は暖房や給湯の大きなエネルギーとして最大限活用できる設計を行います。
夏は、太陽熱 がデメリットとなりますが、日射遮蔽を行うことによって比較的簡単に回避できます。気を付けたいのがパッシブ手法とアクティブ手法の合算 です。

例えば太陽熱を利用する給湯を検討したときにアクティブな手法も採択してしまうと、前夜の深夜電力で沸かした お湯があるために、太陽熱の給湯が最大限に働いてはくれません。

エネファームなどのガスコージェネレーションも、高性能な住宅では熱需要が減るために思うより発電をしてくれ ない可能性があります。
せっかくの設備投資もパフォーマンスが落ちてしまうことになります。

正しいエネルギー計算と、パッシブな設計手法でこのようなミスをなくすことができます。
自分の家がどのくらい省エネな住宅になるのか?快適性は?など、住む前に知りたいことが今は事前にシミュレー ションができます。こんなはずじゃなかった・・・
と後悔しないためにもシミュレーションを必ずしましょう。

最後に、パッシブな家づくりは、長持ちします。
適切なメンテナンスを行うことで世代を超えて引き継ぐことがで きます。
そうすることで、建替えにかかるエネルギーの損失もなくなることが環境配慮への大きな貢献となり、一番のエコになるのではないで しょうか?

がってんしょうち_パッシブの魅力

記事提供 : 千葉県 株式会社がってんしょうち